余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは

耐震補強を考える

建物の耐震性能を向上させる耐震補強

耐震補強とは、建物の耐震性能を向上させることです。耐震補強は、地震力に抵抗するためのもので、建物の主要な構造である基礎や土台、柱、梁、床、天井などに対して補強を行います。建物の耐力を上げる方法や粘り強くさせる方法、建物の地震時挙動を制御する方法などがあります。補強しておくことで、安全な場所や安全空間を作ることが可能になります。 耐震補強を行うことで、安全性の向上や資産価値の向上などを得ることができます。また、実際に建物が被害にあい、倒壊してしまった場合には、その修復には補強や建て替えの費用の3倍近くかかると言われています。将来のリスクヘッジのためにも適切な耐震診断を受け、耐震補強を受けたほうがよいとされています。

耐震補強工事の平均費用について

耐震補強の工事費用は、補強する箇所やその内容によって費用に差がでます。一般的には、少ない費用で最大の効果がでる補強工事が理想的です。平均費用としては、120万円前後とされています。構造に対するリフォームをせずに耐震補強だけを行う場合には、100万円以下でも施工できるケースがあります。壁に筋交いを設置し、自身の横揺れに耐える対策の場合には、25万円前後かかります。木造住宅に耐震金物を10個つけ、土台や柱などの住居を支える構造部の接合部分の補強には、40万円程度かかります。 耐震補強の工事では、住んでいる自治体によって異なりますが、条件を満たすことで、助成金や融資制度などが利用できるケースもあります。

Copyright (c) 2015 余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは all reserved.