余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは

土地の有効活用

土地を有効利用しましょう

現在の私達の日常生活において自動車は欠かせない存在です。自動車免許を取得して自家用車を利用する人は勿論、バス等の公共交通機関やタクシーを利用する人は非常に多いことから明らかなように、最早利用しない生活は考えられないでしょう。 自動車を所有するときには駐車場は必要不可欠な用地です。かつての日本の駐車場と言えば空き地にアスファルト等で舗装工事を行っただけの青空駐車場が中心でしたが、青空駐車場は適度に広い用地で営まれることが一般的でした。近年は不動産の一層の有効利用を図るために、狭い土地でも立体駐車場工事を行って収容能力を向上させたり、都市部の場合にはコインパーキング向けの工事を行って時間単位の収益率を高める取り組みが増えています。

舗装工事をすれば駐車場になります

日本人の多くは不動産を所有したいと考えていると言われます。不動産を所有する目的は住居として利用することは勿論ですが、収益性のある土地利用を考えている人も多くいます。不動産は所有しているだけでは税金等の各種経費がかかりますから有効利用しなければ意味がありません。 不動産の有効利用の方法として、一戸建て住居やアパート・マンション等を建築して賃貸・販売する手段がありますが、土地改良工事や建築工事等の初期投資が多額になり費用の回収期間が長くなることが一般的です。その点で駐車場は初期投資が安く費用の回収期間が短いことが魅力です。一般的には建築会社・工務店に依頼すれば舗装工事をしてラインを引くことで駐車場の体裁は整います。

Copyright (c) 2015 余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは all reserved.