余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは

避雷針の取り付け

避雷針工事は専門の業者にお願いしよう

雷は非常に怖い物で、建物が破損したりするだけではなく、電子機器などに大きなダメージを与える事もあります。時期や地域によっては、頻繁に雷に悩まされる事も多くあるため、何かしらの対策が必要になります。 対策として一番効果的と言われているのが、避雷針工事です。避雷針工事をしておくと、避雷針に雷を誘導する事が出来、他の場所に落ちる事を防げます。 避雷針工事は、専門の業者にお願いすれば可能です。最近はマンション等に設置されている場合も多く、不動産のオーナーが避雷針工事を利用場合が多いです。もちろん個人でも、避雷針工事をしておけば、万が一の時にも安心出来ます。工事に費用はかかりますが、雷によるダメージを考えると、事前にこういった対策をしておく事は大切です。

避雷針工事の必要性

避雷針は建築を雷から守る仕組みで、屋根の一部に設置して、落雷からの電荷を巻き込み、建物に被害が出ないように外に逃がす装置で、住宅施設や電波塔や携帯電話のアンテナなど、様々な場所に避雷針工事がされています。 また建築基準法において決められている基準により、高さ20メートルを超える建物の場合、高さ20メートル以上の部分を落雷から保護しなければならないので、高さ20メートルを超える建物には避雷針工事が必須になります。 ただ建築基準法に決まりがないからといって、高さ20メートル以下の建物に避雷針工事が必要ないというわけではなく、建物の周りに高い建物がなかったり、土地自体が高台にあるなど、落雷の危険性の高い建物の場合は避雷針工事が必要です。

Copyright (c) 2015 余っている土地の有効的な活用方法とその成果とは all reserved.